勤怠管理とは、企業が従業員の勤怠など、就業状況を把握して、法令や就業規則に則った働き方ができているかを管理することです。
以前から、企業は勤怠管理のためにタイムレコーダーなどを導入してきました。

ここ数年、この勤怠管理の重要性が協調されています。
その背景のひとつに、一連の働き方改革法案があります。

  • 残業時間の上限規制(中小企業は2020年以降の施行)
  • 有休取得の義務化
  • 勤務間インターバル制度
  • 高度プロフェッショナル制度の創設

などが2019年4月1日から施工されています。

働き方改革の大きな目的は3つです。

  • 働き手の増加
  • 出生率の上昇
  • 労働生産性の向上

これらを実現するために、一連の法令により

  • 長時間労働の解消
  • 非正規と正社員の格差是正
  • 高齢者の就労促進

を図ろう、というものです。

こうした流れにより、企業や労働現場において正確な従業員の勤労把握が求められています。
勤怠管理のニーズ増大の背景はここにあります。

そこを理解すると、求められる勤怠管理システムのイメージが整理できます。

  • 正確な出退勤情報が収集、保存できる
  • 収集された出退勤情報に真正性がある
  • 利用者全員に等しく操作可能である

週報や月報による出退勤管理には、どうしてもあいまいさが残ります。
(正確性の問題)
また、企業や従業員側のモラルが足りないと出退勤情報にバイアスがかかってしまいます。(真正性の問題)
上2つの課題解決のために自動化を図ったとして、高齢者にとって操作が難しかったり、一部の従業員に設備上の制約があったりしてもいけません。
(平等性の問題)

こうした観点から、市場には素晴らしい勤怠システムがたくさんあります。
クラウド出勤簿dmenもそれらのシステムに十分に互することができるシステムです。

DMENなら

  • スマートフォンの時刻と、QRコードによる事業場情報、GPSによる位置情報を組み合わせた出退勤登録により、相当な正確性と真正性を確保しています。※1
  • 出退勤情報はリアルタイムに収集され、クラウド上で共有されます。このことにより、管理側は場所を選ばず、克明な現状把握ができます。このことは安全衛生管理の質向上などにも寄与します。
  • 事業場に必要なものはQRコードだけです。原則的に管理対象となる全事業場に「装置」を導入する必要がありませんので、全従業員に参加してもらうことが可能です。※2
  • クラウド出勤簿dmen用スマートフォンアプリ「QRタイムカード」は操作が簡単です。①アイコンタップ(②GPS情報)③QRコード撮影④出勤/退勤 の3ないしは4アクションで操作完了です。
  • クラウド出勤簿dmenの登録、利用、QRタイムカード、いずれも無料です。装置や設備も不要ですので基本的にコストゼロで利用できます。※3
  • 企業登録も簡単、マニュアルも整備されていますので、思い立ったその日から勤怠管理の自動化が開始できます。

くわしくは
http://kikaku0196.sakura.ne.jp/wps/クラウド出勤簿dmen/

<注釈>

※1 スマートフォンの時刻はインターネット上のNTPサーバーと呼ばれる時計で制御されていますので、端末側からの時刻の改竄は困難です。
※2 スマートフォンの利用が前提となります。スマートフォンを持たない利用者、あるいはi-Phoneユーザーを想定してQRタイムカードでは端末側に複数の利用者登録が出来ます。条件によっては共用端末の導入をお願いすることになります。
※3 収集された出退勤データはすべてcsvファイルでダウンロードできます。ただしそこから先、特定の帳票形式への加工や、分析・サマライズといった作業については有償で承っています。